So-net無料ブログ作成
検索選択

初滑り [11/12シーズン]

いろいろあって、今年のスキーはどうなるのか全く見当がつかなかったのですが、とりあえず初滑りに行きました!

アサマで行われたエタニティーフィールドのシーズンインキャンプに日帰り参戦。

新車に対応したスタッドレスの手配が間に合わず、諦めかけていたのですが、船橋ドトール店長様がうちまで来てくれることになり、事なきを得ました。(Kさん、本当にご足労おかけしました。ありがとうございます!)

前日は忘年会で、帰って床についたのが夜1時。起きたのが3時半。睡眠2時間半のハードスケジュールルル~[るんるん] (逆にハイ)

道はガラ空きで2時間半で到着。バーンは例年の1枚のみ。雪はそれなりについていましたのでブッシュ無しというコンディションでした。

IMG_2864.jpg

今年のチャレンジはチューンナップのチェンジです。

ビベルゼロからスタート。

曲がれるのか!?と不安でしたが、GSは意外と大丈夫でした。しかし硬いバーンだとエッジが早く噛んでしまうので、やはり引っ掛かり感はありました。こうなるとターン前半から外エッジが噛んでしまい、いゆる動けない状況になってしまいます。限られた状況の中で、カービングだけしていくならいいかもしれませんが、いろいろやろうとするとエッジの引っ掛かりが邪魔して、なかなか動けませんでした。

結論として、前後1度は落としても良さそうということになりました。

 

さて、午後はだいぶバーンが混んできたのでSL板にチェンジ。

リフトを降りて滑ろうとした時に、恐ろしい感覚に襲われました・・・

板が全くずれません!![あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

 SL板のような短い板ですから、板がたわむ前に前後のエッジが引っ掛かってしまい、まったくずれないという恐ろしい状態になりました。正直横すべりも苦しく、グリップ300%で、まったく動けません!!

これじゃあ滑れない・・・

無理無理ボーゲンで下まで降りましたが、抵抗が大きすぎて足がプルプル・・・

緊急対応で永田さんにサンドかけてもらいましたが、やはり恐ろしいグリップ。

また下までボーゲンで降りて、サンド2度目・・・

前後の回転性は高まりましたが、センターがギンギンで、一度噛んだら抜け出せません!!

雪の積もったとことろを3本ぐらい滑りましたが、もう限界・・・これは怪我をすると思いました。

後半は永田さんの横に立って、参加者の滑りをみながら、アドバイスを一緒に聞いていました。

これは逆に良かったと思います。他人へのアドバイスですがどこが出来ていないのか、どこが自分と似ているのか、どういうところがポイントなのかが結構わかります。指摘ポイントも共通する場合が多いので、繰り返し聞けます。

最後はNドクターに板を貸していもらい、1本だけ滑りましたが、「動く」ということが何を意味しているか痛感しました。チューンで自由度が与えられていないと、自分自ら動くことが全く出来なかったからです。

この時、上級クラスのNドクターは私の板を履いたのですが、さすがにその「動けなさ」にメロメロになっていましたし・・・(^^;

 

フラットからスタートのチューンで、かなりいろいろな感覚、意味合いを確認できました。

チューンを再度調整してもらい、次回は年末、人生初の北海道キャンプ!!

 

あ~、まだ飛行機取れてないけど・・・(^^;

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。